耳鼻咽喉科・アレルギー科・皮膚科・泌尿器科

GLP-1ダイエット

4891770_s.jpg

GLP-1とは・・・

GLP-1(ジーエルピーワン)はもともと体内に存在する「インクレチン」と言うホルモンのひとつ
インクレチンは小腸から分泌され、インスリンの分泌を促し血糖値を下げる働きを助ける作用があります。

分泌量には個人差があり、 分泌量が少ない人は食欲が抑えられず太りやすく、分泌量が多い人は適量の食事で満腹感が得られるため太りにくいとされています。

 痩せやすい、太りやすい体質もこのGLP-1の分泌量が関係しています。

 

GLP-1受動態作動薬とは・・・

23911097_s.jpg

GLP-1受容体作動薬は2型糖尿病患者の治療薬として開発されました。GLP-1投与する事で血糖値をコントロールします。

GLP-1そのものには血糖値を下げる効果はありませんが、体内の血糖値が上昇していることを察知すると、膵臓(すいぞう)に対してインスリンの分泌するように促し急激な血糖値の上昇を抑制します。

 

GLP-1ダイエット

24273304_s.jpg

GLP-1受容体作動薬を使用したメディカルダイエットです。
アメリカFDA(食品医薬品局)で安全性が保証され、EUなど28か国で承認されている肥満治療法です。

  • 血糖値のコントロール

血糖値が急激に上昇するとインスリンが過剰に分泌されます。インスリンの過剰分泌は血中の糖質を脂肪に換えてため込むことになり、脂肪が付きやすくなります。
GLP-1を摂取する事で急激な血糖値上昇を防ぎ、余分な脂肪をため込まないようにする事ができます。

  • 消化管の運動を抑制

GLP-1を摂取する事で胃の運動が抑えられ、胃の内容物が小腸に排出されるのを遅らせる効果があります。
腸へ運ばれるのを遅らせる事で食後の血糖値上昇を抑えることができます。また、胃の中に食べ物が長くなることで満腹感を感じやすくなったり、お腹が空きにくくなるという効果にも繋がっています。(食欲抑制効果)

 

取扱い

若葉台みらいクリニックでは、内服薬と注射タイプの2種類のお薬をご用意しています。
どちらも「セマグルチド」というGLP-1受容体作動薬です。血糖値をコントロールし、食欲を抑制する効果が期待できます。

 

 【オゼンピック】注射タイプ

 ・週に一度ご自宅で注射

 

 【リベルサス】内服薬

 ・1日1回1錠服用
 

 遠方の方には配送をおこなっております。(別途配送料)

 

副作用

・便秘
・下痢
・悪心
・胃の不快感

服用を始めてから1週間ほどは上記のような症状を感じる方もいらっしゃいますが、続ける事で身体が薬に慣れ軽減する事が多いです。

 

無料カウンセリング

24191066_s.jpg

若葉台クリニックではGLP-1ダイエットについて無料カウンセリングを行っております。
ご来院もしくはオンライン診療(別途通信費がかかります)にてご相談ください。